キプロス預金封鎖の真実~政府は国民の銀行預金を本当に奪ったのか?~独占

キプロス預金封鎖の真実~政府は国民の銀行預金を本当に奪ったのか?~の表紙
著者
東条雅彦
ジャンル
株、投資、不動産等
ページ数
23ページ
公開日
2016-08-27
人気
8ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
キプロスは1960年8月16日に建国された比較的若い国です。

地中海に浮かぶ人口約87万人の小さな島国です。

今から約3年半前の2013年3月16日に、突如、「預金封鎖」が行われました。

当時、「10万ユーロ以下の預金者には6.75%、
10万ユーロ超の預金者には9.9%の預金税を課す」と報道されていました。

少額預金者にも負担を強いる資産課税実施は世界中に激震が走りました。

キプロス国民の銀行預金は政府に奪われてしまったのでしょうか?

キプロス預金封鎖の真実に迫ります!

矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらからお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問