鰻は晩秋から初冬が旬:土曜丑の日はコピーの威力

鰻は晩秋から初冬が旬:土曜丑の日はコピーの威力の表紙
著者
懐中温泉
ジャンル
スポーツ・趣味
ページ数
8ページ
公開日
2014-01-28
人気
95ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
懐中温泉です。

本無料レポートをご請求いただき、
心より感謝いたします。



本レポートは、現在連載中の
ブログ・スーパー温泉「懐中温泉
真 幸せの時間」

から無料レポート用に
アレンジした内容となっています。



ブログ記事
「鰻の指南:あなたのおかげで鰻と再会しました」

の、鰻、に反応された読者
の方々からメッセージを
いただいています。


「鰻って、冬でもとれるんですか。
夏の魚だと思っていたので....」


「イギリスにも鰻がいるんですね。
美味しいですか。」

 「鰻の蒲焼きは、自分でも作れる
とは思いませんでした。
詳しい料理法が知りたいです。
大変なんですか。」

という3つの
ご質問メッセージの最初のもの
にはすぐにお答えできます。


まず、
「鰻って、冬でもとれるんですか。
夏の魚だと思っていたので....」
についてです。


なにしろ、鰻専門の料理店は
日本全国の主立った都市には
必ずありますね。


その店々は、
概ね年中営業しています。


夏だけオープンということは
ないようです。


季節性を言うのであれば、
かつて氷屋は冬炭屋に転じましたが、
今は、灯油を扱ったり
しています。


ところが、
夏の鰻屋は冬には鮭などを扱うのか、
というとそういうことは
なく、年中開いているわけです。

もちろん、季節による特性はあり、
それに応じて微妙な変化を活かして料理の味に
転化するのが板前・職人の腕なんだと思います。

鰻だけでやっていくのですから、
その生態からなにから
熟知していなれば成り立ちません。
鰻は晩秋から初冬が旬:土曜丑の日はコピーの威力の立ち読みページ


矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらから続きをお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件

レポート(電子書籍)を無料でご覧いただくためには、下記のメルマガの購読が必要です。


この無料電子書籍のダウンロードフォームへ


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問